FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月6日(土)7日(日) ボディワーク講座【東京】

前回のブログでもお知らせしていました贄川治樹さんの講座、詳細が決まりました。

「ボディワーク講座」in 東京 〜 ボディサイコセラピー(身体心理療法)の視点からの身体へのアプローチ 〜
(上記クリックするとチラシが見れます)

【講 師】贄川 治樹 (にえかわ はるき)

【日 程】2016年 2月 6日(土) 18時 30分開始 (18:00 開場) 〜 21時終了
2016年 2月 7日(日) 9時 30分開始 (9:00 開場) 〜 16 時 30 分 終了

【会 場】東京都港区(会場の詳細は申し込まれた方にお知らせします)

【対 象】心身の相関関係に興味のある方、対人支援職の方など

【定 員】12名

【料 金】21,600円 (税込み)

【申込期日】2016年 2月 5日

【持ち物】筆記用具、動きやすい服装 (7日のみ)

【申込み•お問い合わせ】Yokie (奥よう子) MAIL:YokieLNL☆gmail.com (☆を@に変えてください)

【内 容】
6日の講義:心身相関の概要と、ボディワークの心理的影響と効果
7日午前の講義と実習:心理的効果への基礎となる触れ方
7日午後の講義と実習:喉を開くための手技

※ 6日夜と7日全日の講座となりますが、6 日夜のみのご参加も可能です。
6日は座学となります。6日夜のみの料金は 3,240 円(税込み)です。
また、以前、ボディサイコセラピー入門講座に参加されたことのある方のみ、
7 日のみのご参加が可 能となります。
その場合の料金は、18,360 円(税込み)です。

※ 参考にして頂くサイト:リズムセラピー研究所 http://www.rhythmtherapy.jp/
              BIPS http://bodypsychotherapy.jp/index.html



講師・贄川治樹さんより。
「心理学者であり、ロルフィングの生みの親であるアイダ・ロルフから直接トレーニングを受けたマーク ・ カフェル博 士に師事し、心身に働きかける深部組織ボディワークを学び、卒業後すぐにボディワークを提供し始めてすぐに心理 面・感情面への影響を実感したことから、心身へのケアのためにボディサイコセラピーを学び続け、現在に至ります。 現在までの 22 年間、延べ数万人の方にボディワークを提供してきましたが、施術すればするほど身体・心・エネルギー が密接に繋がっていることと、この世に生まれてきてからの生き様が如何に身体・心・エネルギーの構造に現れてい ることを実感しています。
そのような私自身の経験と学んできた理論をもとに、他者に触れる場合の施術者の在り方など、私自身が大切だと感 じていることをお伝えするとともに、ボディワークの技法のごく一部を教えることによって、日常生活で人に触れる 際へのヒントにして頂く機会を設けました。日本人は喉を開きにくいことから、ボディワークの技法では喉へのアプ ローチをお伝えする予定です。施術に関心がある方のみならず、喉を開きたい方にもお勧めの講座となります。」

______________________________________________________________________________

【講師略歴】
贄川治樹(にえかわはるき)

リズムセラピー研究所所長、
BIPS ディレクター&国内トレーナー、
EABP(European Association for Body Psychotherapy)認定トレーナー、
バイオシンセシス認定ボディサイコセラピスト、
シン・インテグレーション上級施 術者、
セロトニン道場師範、
場の研究所研究員、
ヤマハ株式会社音楽と健康プロジェクト・元アドバイザー、
越後奥 寂庵庵主。

1992 年マーク・カフェル博士に師事し、1年間南アルプス山間集落でボディワークの研鑽を積み、
1993 年から現在まで、 延べ2万人以上の方に深部組織ボディワークを行う。
1993 年より5年間のバイオシンセシストレーニングに参加し、 1998 年に資格を得る。
その後、ボディサイコセラピーの個人セッションを行うとともに、ワークショップを主催する。
2006 年より BIPS 国内トレーナーとして、セラピスト養成を行い、同時期にボディサイコセラピーに音楽を取り入れた
リズムセラピー研究所を設立。
九州大学、セロトニン道場、引きこもり親の会、韓国政府青少年委員会主催国際シン ポジウム、不登校のサポート校、
日本産業カウンセラー協会東京支部、リーダーシップ世界大会、コーチングフェスタ、 重度身心障がい者授産施設、自治体の介護予防教室、乳幼児突然死症候群国際会議、ヤマハ音楽振興会などで講演と 演習を提供している。
2013 年には日本的霊性を深めるために、場の研究所の研究員となる。
2014 年 1 月から 2 月に かけてインドの Kaivalyadhama Yoga Institue にて Shri. O.P. Tiwari 師に師事し、
プラーナヤーマを学ぶ。
プロフィール

Yokie (よーきー)

Author:Yokie (よーきー)
アトピーが治っていく中で、いろんな偶然の出会い、素晴らしい出来事がありました。


アトピーへ。
そして出逢った全ての人たちへ。

感謝の気持ちを込めて。


「ありがとう♡」


★ ボディ&エネルギーワークプラクティショナー。
表現アートセラピスト。
瞑想インストラクター。
「YOKIE」 主宰。


アトピーのリバウンド、5回の両目の手術を通し、からだや心に興味を持つ。

アトピーと慢性的なしんどさからダウン、3ヶ月間の入院生活を送る間にからだの声を聞くことを始める。

治療の一環として、フラワーエッセンス、精油、エネルギーワーク、ロルフィング等のボディワークを受け始め、その後アトピー寛解をきっかけに自分のからだで試しながら学んでいく。

2009年からはアトリエワイエスにて3年に渡り表現アートセラピーを学ぶ。
さらにからだと心の関係性について学びを深めるため、ボディサイコセラピー、エネルギーワーク、瞑想の分野で研修を続けている。
それらのシェアリングワークショップを、展開中。


きらきら光る透明なもの、すいか、スナフキンとミー、歌うことと踊ることが好き。
小さいときになりたかった職業は歌手。
虫と皮をむく前のいちじくが苦手。

いろんなことへの興味がつきずに、日々様々なことに挑戦中です。



Facebook: https://www.facebook.com/
YokieYokieYokie

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。