FC2ブログ

「タイリシヨガのおはなし」(3日間のベーシッククラスで学べること)






タイリシヨガは、ブッダの弟子であり主治医であった賢者(リシ)シヴァカによって2500年前にタイマッサージ、鍼灸、指圧の原型と同時に開発され「全ての人々はいかにして自然と調和して生きるか?」というブッダの教えを中心に発達しました。
なのでこのタイリシヨガは、自分でできるセルフマッサージと考えても良いと思います。

3日間で学ぶタイリシヨガ・ベーシッククラスでは、毎日自分でケアができるように、基本的なことを学んでいきます。

ヨガの前に「ポイント押し」を行います。
ポイントはセン(エネルギーライン。「セン」はタイ語です。インドでは「ナディ」と呼ばれています) にあります。

魂のからだの中には14万4千のセンがあり、そこに点在するポイントに氣を送ることで、生命エネルギーの循環が良くなり、痛みや病気の原因を取り除くとされています。

ポイント押しとヨガのポーズを組み合わせて行なうヨガは、この「タイリシヨガ」が初めてです。
ポイント押しをすることで、センが開かれ、氣の通りが良くなり、からだも緩むので、ヨガの前準備になります。

タイリシヨガでは、各ポーズを忠実にインストラクターの動きや本に書かれていることを真似ていくことを重要視していません。
また、ポイント押しの場所も解剖図にあわせて、忠実に1点を押す、というものではありません。
インストラクターや本に書かれていることは、あなたのからだへの提案で、答えはあなたのからだにある、と考えます。
各自がからだ、氣、ポイントを感じ、その感覚に従い、ポイントを押し、氣を動かしていきます。
最初は本やインストラクターの指導から、押すポイント、動きを学びます。
その後は、各自、徐々に自分のからだがどんな動きを求めているか、どこのポイントが押してもらいたがっているか、探求していってみてください。
自分のからだのことは、自分のからだに聞いてみるのが一番です。
また、力でストレッチを行なうのではないで、からだが固くても大丈夫です。
少しの動きでも、からだが心地よいと感じられることを続けることが、結局はからだに良い影響を与えてくれるのだと考えます。

タイリシヨガのボーズは、20ポーズあります。
最初の10ポーズで背骨にある3つの主要なセンを開き、その次に習う10ポーズは生命エネルギーの循環を促すとされています。

タイリシヨガは一般的に「ヨガ」と言われているものと異なり、氣を動かしていくことを学びます
肉体的な体操として位置づけられていなく、自己ヒーリング的なエクササイズと考えられています。
それは、このタイリシヨガを行なうことにより、センが刺激され、からだ全体のエネルギーが流れる、と考えられるからです。
人によっては、タイリシヨガをすることで、からだがリラックスしているのを感じられるかもしれません。


◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇・・◇

※ 2016年度の日程のお問い合わせ、お申込みは
YokieLNL(@)gmail.com までどうぞ。個人レッスンも受け付けております。
(再受講の方は、1日からの参加が可能です)
プロフィール

Yokie (よーきー)

Author:Yokie (よーきー)
心と身体を見つめていく中で、いろんな偶然の出会い、素晴らしい出来事がありました。


出逢った全ての人たちへ。

感謝の気持ちを込めて。


「ありがとう!」



★ YOKIE(よーきー)
〜 エネルギーボディワーカー

アトピーのリバウンド、5回の両目の手術を通し、心と身体に興味を持つ。

会社員時代は、度々ドクターストップがかかり、入院生活を送る中、
自分の身体の声に耳を傾けることを始める。

会社員を辞めた後、本格的に、ボディワークのセッションを始める。
また、エネルギーワーク探求のため、海外に出向き、ヨガや瞑想をマスターし、
セッションに取り入れるようになる。

現在は、ボディワークのセッションの他に、
ヨガと瞑想、エネルギーボディワーク講座を行っている。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード