FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながるということ。

最近、ワークショップをさせてもらうことになって。
とってもうれしかったです。
このワークショップでどんな人たちと出会うのかなと思ったからです。

私は、アトピーで入院した頃から、出会う人たちから、何か教えていただいてるんだな、と
思うことが多くなったように思います。

例えば同じ部屋で入院していた人たち。
その人たちの中には、絶対つかれるから離れていたい、と思う人もいました。
そして、そう感じるときは、さりげなくそうしていました。

でもあるとき、ある女の人が入院してきたとき、ふと思いました。
「ほんとうに、彼女は嫌な人なのか?」
「どうして私は、彼女のことがそんなに苦手なんだろう?」

このまま彼女と知り合わずに、終わっていいのか?
と思いました。
それで、唐突に、彼女が退院する前の晩に、
「下に散歩に行こうか?」
と声をかけてみました。
あとで聞いたら、彼女は、いつも避けあっていた人から声かけられて、
かなりびっくりしたそうです。
(そりゃそうだ(笑))

そして。
彼女がたばこを2本吸う間、初めてほんとの彼女の姿を見ました。
その後、消灯の消えた自販機の光の下でジュースを飲み、話を続けました。

同室の他の人たちは、私たちが遅いから、どんな話をしているのか、
心配して見に来てくれました。
でも、私たちは、すっかり仲良くなっていました。

その日、ふたりで部屋にもどりながら、私たちは、どうしてもっと早く
お互いに話をしなかったんだろうね?と話していました。
もう、次の日は彼女が退院していく日でした。

その後、彼女が退院してから、お見舞いにきてくれました。
それから、彼女の町にも会いに行きました。

縁というのは不思議だなって思います。
人生が何かを学ぶためのステージだとしたら、私たちひとりひとりが主役で、
その周りにいる人たちは、そのひとりひとりのストーリーのヒントとなる
メッセージを持ってやってきてくれているのかもしれないって思います。

そして、最近、親しくしている友人とのメールのやりとりで、又、
気づかされたことがありました。
2人の友人から同じような内容の相談がありました。
その相談内容は私がちょうど考えていたことや、悩んでいたことでした。

相談には、私がこたえているようで、実際は、私はその子に
助けられていました。
なぜなら、相談にのることで、自分が考えていたことの整理ができて、
こたえがみえてきたからです。

その後、また、同じような問題が出てきたとき、そのメールを読んでみると、
まるで自分が書いたと思えないぐらい忘れていて(苦笑)、
とても励まされたりしました。

私たちは、遠く離れているようで、何かでつながっているのかな、
と不思議な気持ちになりました。

今、時間を使って、この文章を読んでくれている人がいるとしたら、
なんだかとても不思議です。

どうもありがとう。
//・∀・/// Yokie♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yokie (よーきー)

Author:Yokie (よーきー)
アトピーが治っていく中で、いろんな偶然の出会い、素晴らしい出来事がありました。


アトピーへ。
そして出逢った全ての人たちへ。

感謝の気持ちを込めて。


「ありがとう♡」


★ ボディ&エネルギーワークプラクティショナー。
表現アートセラピスト。
瞑想インストラクター。
「YOKIE」 主宰。


アトピーのリバウンド、5回の両目の手術を通し、からだや心に興味を持つ。

アトピーと慢性的なしんどさからダウン、3ヶ月間の入院生活を送る間にからだの声を聞くことを始める。

治療の一環として、フラワーエッセンス、精油、エネルギーワーク、ロルフィング等のボディワークを受け始め、その後アトピー寛解をきっかけに自分のからだで試しながら学んでいく。

2009年からはアトリエワイエスにて3年に渡り表現アートセラピーを学ぶ。
さらにからだと心の関係性について学びを深めるため、ボディサイコセラピー、エネルギーワーク、瞑想の分野で研修を続けている。
それらのシェアリングワークショップを、展開中。


きらきら光る透明なもの、すいか、スナフキンとミー、歌うことと踊ることが好き。
小さいときになりたかった職業は歌手。
虫と皮をむく前のいちじくが苦手。

いろんなことへの興味がつきずに、日々様々なことに挑戦中です。



Facebook: https://www.facebook.com/
YokieYokieYokie

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。