FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手放す

すべてのことをリリースして
自由になっていくこと
これは案外むずかしいことなのかもしれない

だから
とりあえず
見えてきた いらないものを
リリースしていこうとする

でもそのうちに
そこにも抵抗を感じる

そこから自由になりたいのに
抵抗を感じ それをにぎりしめる

それは正当な抵抗だと
自分にはそれが必要なのだと
そこに意味を見い出す
理由を作る

ほんとうはこっちの道に進みたいのに
ここまでが自分が たどりつける
道の果てだと思い込み
自分で自分の限界を設定してしまう

ここまでが
自分にとって
精一杯できることだと
自分で自分に言い聞かせる

思い込ませる


ニカド電池は使い切る前に
電池を補充してしまうと
電池の量は毎回 
その量が最大量になってしまう


象は小象のときに
丸太に鎖につながれる
何回もその鎖を切ろうとしても切れない

そのうちに 鎖を切ることをあきらめてしまう

大きくなって 
もう鎖が切れるようになっても
象は丸太の鎖を切ろうとしない
切れるわけがないと あきらめてしまっている

鎖が丸太につながれず
丸太の上に置いてあるだけでも
象は逃げなくなるという


あなたが一番リクエストしたいものを
リクエストしたらそれは得られる

それはほんとうなのだそうだ

そこに自分でハードルを設定して
あきらめ
他のもののせいにして
ここにいることは仕方ないと思ってしまう

どんなビジョンを持ち
リクエストするかは
あなたしだい

一度でもその通りになった経験があれば
やりやすくなる

まだの場合はそれを選択し続けること
しない選択をしないこと

自分が
ほんとうに あきらめてしまって
「したくない」
というのならいい

「やりたくない」
「無理だ」
「できない」
と思うなら
それもいい

でもほんとうに
そうなのだろうか

どこかで象の鎖のように 
なっていないだろうか

ほんとうは
どうなのだろう

鎖はほんとうにあるのだろうか
自分で鎖を作っているのではないか
本当はもう自由に歩けるのではないか

自分に問いかけてみる

結局は

やるか
やらないか

ただ それだけ


うさぎ流れ星きいろ(2010年8月リリーステクニックワークショップノートより)流れ星きいろ
スポンサーサイト

「精神的な自由」

私が知っている人で1年間世界を旅した人がいる。
まだ結婚していない頃。

その人いわく

「前より今の方が精神的に自由になった」

「今の方が妻とこどもがいるから旅行に行くのは自由じゃないけど
精神的に自由になった」

という。

違う場所に行くことで自由になるのではなく
自由はどこにいるのかと関係なくなれる。

問いかけを変えれば、可能性が見えてくる。
見方が変わる。

自分の中の可能性を呼び出す。
そういう意味での自由さ、柔軟さのことを言われたのかな。


どこにいる
とか
何があるから
というところから、可能性が現れるのではなくて

どこにいても
どんな状態でも
誰にでも
可能性は存在している。

自由って言うのは、その人の感じ方で
同じ状況でも
自由を感じる人
感じない人がいるんだな。

洗濯機があって当たり前だった毎日だったけど
旅に出て
手で選択するようになり
久しぶりに洗濯機を使ったとき
なんて便利なんだろうって思った。

それと同じような感じかな。



思い込みで可能性をせばめてしまっていることがある。

自分で決めつけてしまっている枠組みがある。
やり方がある。
それが自分なのだと思い込んでいる。

これが自由だと思い込んでいる。

それこそが不自由なことかもしれないのに。

流れに身をまかせたほうが
楽なときも

踏みとどまろうと頑張っている。

「精神的な自由」

奥が深いなぁ。

うさぎ流れ星きいろ(2010年7月15日ノートより)流れ星きいろ

チャイルドとの約束と誓い

ごめんね

あなたの存在に気づいてあげれなくて

あなたは小さいとき
一生懸命がんばっていたんだね

お母さんにおこられても
きらわれても
ひとりで
がんばろうとしていた

お母さんのことが
ほんとうは大好きで
おかあさんの愛を
ずっと待っていたんだよね

大きくなってからは
ほかの人の中に
お母さんの愛を さがしてた

でも それは
私の中にあったんだよね

あなたはずっと
私の中にいてくれて

小さいときも
今も
いろんな姿で
私をはげましてくれた

でも
まだ私は
ほんとにあなたを見ようとしていなかった


あなたの愛は
とてもあたたかくて
ときどきとても笑いたくなるぐらい

お母さんもそんな愛を
心の中にもっていたんだけど
気づかなかったんだね

だから
お母さんも
私の中に愛を求めていたんだ

きっと


今日
私はあなたと約束する

もっとあなたを信頼すること
愛すること
感じてあげること

何が好きで
何が嫌いで
ほんとは何がしたいのか
見つけだしていくことを

今日
私はあなたと約束する

もっとあなたの愛を信じてみる
もっとあなたは強くて明るくて
自分のしたいことを知っている

それをしばっていたのは
私だった

もっとあなたを知ること
もっと見つめること

そこから全てが始まる気がする

ありがとう
いつも見守っていてくれて
小さいときも
今も

あなたに気がつかなくて
消そうとしていて
ごめんなさい

いつもそこにいてくれて ありがとう
ありがとう
ありがとう

愛してます
愛してます
ほんとうに ほんとうに ありがとう


うさぎ流れ星きいろ(2010年5月インナーチャイルドワークショップにて)流れ星きいろ
プロフィール

Yokie (よーきー)

Author:Yokie (よーきー)
心と身体を見つめていく中で、いろんな偶然の出会い、素晴らしい出来事がありました。


出逢った全ての人たちへ。

感謝の気持ちを込めて。


「ありがとう!」



★ YOKIE(よーきー)
〜 エネルギーボディワーカー

アトピーのリバウンド、5回の両目の手術を通し、心と身体に興味を持つ。

会社員時代は、度々ドクターストップがかかり、入院生活を送る中、
自分の身体の声に耳を傾けることを始める。

会社員を辞めた後、本格的に、ボディワークのセッションを始める。
また、エネルギーワーク探求のため、海外に出向き、ヨガや瞑想をマスターし、
セッションに取り入れるようになる。

現在は、ボディワークのセッションの他に、
ヨガと瞑想、エネルギーボディワーク講座を行っている。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。